理想の結婚相手の年収条件は低くなったわけではない

女性の約4割が年収500万円以上を希望

現代の多くの女性が希望する年収500万円以上という金額は、高すぎるわけではないものの、決して低い金額ではありません。
年収は税金などが引かれる前の金額で、税金などを引いた手取りにするとだいたい390万円くらいになる計算です。
単純にボーナスを50万円で夏と冬の2回、残りを12ヶ月で割った場合、毎月の給料は約24.16万円になります。

ボーナスが1.0だとすれば手取りは約27.86万円、いずれにしても低いとは言えない金額です。
希望年収が500万円以上の理由は、女性から見て自分より稼いでいてほしい、安定した生活をしたい、快適に暮らせる金額だからという理由が多くあります。
やはり現代では快適に暮らせることは重要な条件になっていることがわかります。

現代の年代別平均年収と比較

現代で年代別の平均年収を見てみると、20代では約350万円、30代では約450万円、40代では約540万円、50代では約660万円です。
結婚相手への理想年収と比較すると30代では結婚に適さず、40代に入ったころから結婚できそうな気配です。
あくまで目安ではあるものの、30代で結婚すると快適な暮らしはしにくいと考えると年齢と年収のアンバランスが結婚への障害になるとも受け取れます。

男性のみの年収に頼るのではなく、女性も働くなら20代・30代でも十分快適な暮らしができそうで、正社員・契約社員・パート・アルバイトで働くことがおすすめです。
女性に十分な年収があるなら、男性の年収が300万円台だとしても、理想的な暮らしをすることも可能でしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る