なぜ「三高」が人気だったのか

1993年には好景気が続いたバブル時代は崩壊し、女性も「三高」を唱えてばかりはいられなくなります。「三高」の男性そのものがいなくなり、「三高」を追い求める女性はいつまでも結婚できず未婚のままのことも出てきたからです。現実を受け入れ始めた女性たちの結婚相手への条件はどのように変化するのでしょうか。

バブル崩壊で変化し始めた理想と価値観

1980年代後半から1990年の初めごろまでは、バブルと呼ばれる大変な好景気の時期があり、この時代の女性が結婚相手の条件として求めたのは高収入・高学歴・高身長の「三高」でした。
なぜ「三高」が人気だったのでしょうか。
それはバブル時代の競争意識の影響が関係しています。

バブル時代は日本全体が好景気、すべてのものが上に向かい高く成長する雰囲気に包まれていたので、仕事はもちろんプライベートでも周囲の人たちには負けられない意識が高まっていました。
時代の流れとともに競争意識が高まり、結婚相手への条件も少しずつ高くなったために「三高」を希望する女性も増えていったのでしょう。

激しい競争意識の中で周囲の人よりも自分が上、もしくは優勢であるための見栄が大きく関係し、「三高」でなければならない、「三高」が最も良い条件として変化したといえます。
バブル時代は人より良い教育を受けて育ち、大手企業に入社して、周囲の人よりも高額の給料をもらうことが上質な暮らしの基本だとされていました。

理想の結婚相手に求める条件としての「三高」には、高学歴と高収入によるワンランク上の生活をするほか、スタイル抜群・八頭身に見える高身長も条件に加わり、見栄と見栄えの両方を重視する傾向がありました。
バブル時代は1990年代には崩壊し、女性が求める理想の結婚相手の条件にも変化が訪れます。
どんな条件に変化していくのか、じっくりとご紹介いたします。

「高」から「低」へ四低の時代に突入

バブル時代に比べて人口が減少し始め、出生率も下がりはじめるこの時代は、できる限りリスクを軽減させることに注目が集まります。 結婚相手に求める条件は「三高」から「四低」へと変化し、高い理想から低い条件に変化していきます。 結婚相手に求める四低について、詳しくご紹介いたします。

理想の結婚相手の年収条件は低くなったわけではない

理想の結婚相手の条件が「三高」から「四低」へと変わり、まるで条件が低くなったように感じられます。 理想とする年収は「三高」からすれば多少低くなっていても、決して低いわけではないのです。 現代の理想の年収はどれくらいなのか、具体的な年収をご紹介します。

TOPへ戻る